原創翻譯:龍騰網 //www.oewjxg.com.cn 翻譯:玉子家 轉載請注明出處



黒河?騰衝線(とうしょうせん)という中國地理上の考え方がある。ロシア國境、黒竜江沿いの黒河市から、ミャンマーに接する雲南省騰衝市まで、中國本土地図を斜めに橫切る線を描いたものだ。1930年代に中國人地理學者が著目したラインである。

從黑河·騰沖線這個中國地理上的一條分割線來考慮。從沿著俄羅斯國境、黑龍江的黑河市,到與緬甸相接壤的云南省騰沖市,這條斜穿中國本土地圖的線。是1930年代中國地理學家著眼的一條線。



このラインを挾んで、西部は國土面積の約6割、東部は約4割を占めていた。ところが人口比では西部はわずかに4%、東部が96%と圧倒的だった。驚くべきことに、これらの比率は21世紀に入ってもほとんど変化していない?,F在なお、東部の4割の國土に9割以上の人間がひしめいている。

隔著這條線,西部國土面積約占6成,東部約占4成。但是,人口比例方面,西部僅占4%,東部則占96%。令人驚訝的是,這些比例進入21世紀也幾乎沒有變化。現在,東部的4成的國土中擠滿了9成以上的人。





遠い昔から、中國人にとって西の方は特別な思い入れの対象だった。紀元前2世紀、前漢は武帝の時代である。張騫(ちょうけん)は、カザフを経てバクトリアに至った。當時の大月氏の勢力圏である。良質な馬を産し、稲作、麥作が行われていたそうだ。住民たちは、ワインを嗜む豊かな生活を送っていたらしい。張騫のミッションは、大月氏と漢とで匈奴(きょうど)を挾撃するための調略であり、それ自體は上首尾にいかなかった。しかし、彼のもたらした數多の西域情報は、中國中原の西域への思いを大いに醸成したようだ。

從很早以前開始,對中國人來說,西邊是特別的令人著迷的地方。公元前2世紀,西漢的漢武帝時代。張騫就經過了哈薩克斯坦到達了巴克特里亞王國(今帕米爾高原以西的地方)。當時是大月氏的勢力范圍。據說出產優質的馬,稻子,麥子。居民們過著嗜酒的富裕生活。張騫的任務是為了讓漢朝與大月氏一起夾擊匈奴而作為使者出使,雖然他的任務成果不是很好。但是,為中原帶來了眾多西域的情報,大大地釀成了中國中原對西域的思念。


後漢の班超は、部下を大秦國(ローマ帝國)に派遣しようと試みた。これ自體は地中海に阻まれて失敗したものの、當時すでに中國人の上層部がローマ帝國を強く意識していた史実を物語っている。同時期、後漢の領地であった越南には、ローマ皇帝マルクス?アウレリウスの使者が訪れたと伝承されている。

東漢的班超還試圖將部下派往大秦國(羅馬帝國)。這個任務本身也是被地中海阻礙而失敗了,但是說明了當時中國的上層已經強烈意識到羅馬帝國的歷史事實。同時期,在東漢的領地越南,據說有羅馬皇帝馬克思·奧勒利烏斯(音譯)的使者造訪過。


このように形成されたシルクロードは、中國の都人にもエキゾチシズムあふれる憧憬を作り出していた。世界史三大美女と稱えられる楊貴妃は、唐の玄宗皇帝の愛姫であるが、トルコ系突厥(とっけつ)族の血を引いていたともいわれている。

這樣形成起來的絲綢之路,也創造了中國的都市人對于充滿異國情調的憧憬。被稱為世界史三大美女的楊貴妃是唐玄宗皇帝的愛姬,據說她繼承了土耳其系突厥族的血統。


西部に感じる「ロマン」

在西部感受到的“浪漫”


時代が下って14世紀、明の時代になると鄭和(ていわ)の大航海だ。その100年後のコロンブスの船と桁違いの巨艦に座乗した鄭和の辿ったコースが、海のシルクロードに他ならなかった。

時代變遷后的14世紀,到了明朝鄭和的大航海時代。當時鄭和乘坐的豪華巨艦,甚至100年后哥倫布的船都與其相差懸殊,我們沿著鄭和的路線,那就是海上的絲綢之路。





日本は、昨年來、中國との第三國協力を進めている。安倍総理と中國の相互訪問も日程に上ってきた。日中両國が歴史問題ではなく、歴史ロマンを共有できないものだろうか。

日本自去年以來,一直在推進與中國的第三國合作。安倍總理和中國的互訪日程也提上了。中日兩國之間有的除了歷史問題外,難道不能共有這樣的歷史浪漫嗎?


唐の大詩人李白は、長安の都で『少年行』と題して詠んだ?!搞y鞍白馬度春風、落花踏盡遊何処、笑入胡姫酒肆中」。ちょっとバブリーな青年が、春の最中、銀の鞍の白馬で花を踏みしめ、ひょいと覗いたパブ。店には美しいイラン系のギャルが待ち受ける。にやりともするだろう。

唐朝大詩人李白在長安都以《少年行》為題作了一首詩。
“銀鞍白馬度春風,落花踏盡游何處,笑入胡姬酒肆中”。
有一點不受歡迎的青年,在春天的最盛時期,騎著銀鞍白馬踩著花,偷偷地窺視了一下酒館。店內美麗的胡女在等著??吹醬飼櫬司盎崳⑽⒁恍Φ陌?。


そういえば、李白の學遊仲間の一人が、日本から來ていた阿倍仲麻呂であった。

說起來,李白當年的游學伙伴之一就是從日本來的阿倍仲麻呂。


川村雄介◎1953年、神奈川県生まれ。大和証券入社、2000年に長崎大學経済學部教授に?,F在は大和総研特別理事、日本証券業協會特別顧問。また、南開大學客員教授、嵯峨美術大學客員教授、海外需要開拓支援機構の社外取締役などを兼務。

作者簡介:川村雄介◎1953年,出生于神奈川縣。進入大和證券公司,2000年成為長崎大學經濟學部的教授。現在是大和總研特別理事,日本證券業協會特別顧問。同時,兼任南開大學客座教授、嵯峨美術大學客座教授、海外需求開拓支援機構的公司外董事等。