原創翻譯:龍騰網 //www.oewjxg.com.cn 翻譯:玉子家 轉載請注明出處

サービス概念の薄い中國人に、日本式「おもてなし」の心を伝える方法

對服務概念薄的中國人,如何傳達日式的「款待」之心



 日本式エステティックサロンの人気に伴って、中國のサロンへの経営研修を請け負う機會が増えた。しかし、中國人エステティシャンたちに、日本式の肝ともいえる「おもてなし」や「チームワーク」の感覚を実感として伝えることは難しい。どうにかして、楽しみながら理解してもらう方法はないものか。そこで「チームワーク」に関して考えたのが、日本では多くの職場で行われている「朝禮」でのひと工夫だった。(エステサロン運営會社?海外事業統括 八重樫由子)● どうしても伝わらない おもてなしの感覚

隨著日式美容沙龍的受歡迎,申請到中國沙龍的經營研修的機會也增加了。但是,要向中國美容師們傳達日本式的“款待”和“團隊合作”的感覺是很難的。有沒有什么辦法能讓大家一邊享受一邊理解呢?對于關于“團隊合作”的思考,日本很多職場都會舉行“早會”,來對團隊合作下一番功夫。(美容院運營公司?海外事業統括八重樫由子)●無論如何都沒法傳達的“款待”的感覺


 中國では今、美容ブームを背景に、エステティックサロンが続々と生まれています。その中でも、日本式のサービスを提供するサロンは高級サロンとされていて、そこに通うことは中國の女性にとって一種のステータスになっています。

在中國,以美容熱潮為背景,美容沙龍接連不斷地誕生。其中,提供日式服務的沙龍被視為高級沙龍,能夠去那里享受對中國女性來說是一種地位的象征。





 この方法でリピーターを増やし、またその方の紹介で新規顧客を増やしてきた日本での実績が中國のサロン経営者たちに伝わって、研修依頼が増えてきたのです。

通過這個方法增加回頭客,并且通過回頭客的介紹增加新顧客,這是在日本驗證出來的實際成果,將這一成果傳達給中國的沙龍經營者,于是乎委托我們去指導的人就增加了。


 受講者は、中國のサロン経営者、およびスタッフのエステティシャンたちであり、主に當社の社長と私が講師を務めますが、ここでも日中の価値観や習慣の違いによる、理解の壁にぶち當たることがしばしばあります。

聽講者是中國沙龍的經營者,以及我們的美容師們,主要是我們的社長和我擔任講師,這里也經常碰到由于中日價值觀和習慣的不同,出現的理解障礙。


 まず、何といっても「おもてなし」の意味をなかなか理解してもらうことができません。これまでの回でもお話ししたように、中國人は何よりも自分の意思を優先しますから、基本的に「見知らぬ人にサービスをする」という概念は持っていません。他者への貢獻心が強い日本人とは、國民性が大きく異なる點です。

首先,不管怎么說,很難理解“款待”的意思。正如之前所說,中國人最優先考慮自己的想法,所以基本上沒有“為陌生人服務”的概念。與對別人貢獻心強的日本人,國民性上的有很大的不同點。


 例えば、研修で「お客さまには笑顔で」と話しても、ほぼ100%の割合で「楽しくないのに笑えません」という返事が返ってきます。

譬如,在研修時即使我們說「要對客人以笑容面對」,大體上100%的概率會回答說「又不快樂怎么笑得出來」。


 そんな中國人の受講者たちが、なぜ、エステの仕事に就いたかといえば、冒頭でお話ししたような理由から、「日本式のエステは今後、儲かる商売だと思うから」です。経営者は言わずもがな、スタッフたちも、「いずれは、自分が経営者になって効率良く儲けること」を第一に考えています。中國の若い人の間では、経営者になってこそ豊かになれるという風潮が非常に色濃いのです。

那么這些中國的聽講者們又為什么要從事美容工作呢?正如開頭所說的理由,“我認為日式美容今后是能賺錢的生意”。經營者就更不用說了,工作人員們也把“總有一天,自己也要成為經營者高效地賺錢”放在第一位。在中國的年輕人之間,只有成為經營者才能變得富裕的風潮非常濃厚。


 ですから、「スタッフ全員が笑顔で対応するサロンの方が、そうでないサロンより売り上げが上がる!」という説明を、粘り強く一から行う必要があります。

因此,有必要從頭開始向他們解釋“全體工作人員都能笑容相待的沙龍,銷售額會比不這么做的沙龍上升很多!”。





 しかし、中國の人は、子どもの頃からチームで行動するという教育を受けていません。例えば、日本の學校のような全員參加の運動會や部活動はなく、スポーツは、選ばれたスタープレーヤーだけが能力を磨くものという認識です。

可是,中國的人門從小的時候開始沒受到要團隊協作這樣的教育。譬如,沒有像日本的學校一樣的全體人員參加的運動會和俱樂部活動。他們的認知中,體育是只有被選中的優秀選手才能有能力去磨練。


 集団の中で自分が選ばれることが第一であり、自分が與えられた範囲以上の仕事をする発想はありません。とても合理的な國民性なのです。

在集體中自己被選中,這是第一要義,也不會去想過要做超出自己被要求的范圍之外的工作。這是非常合理的國民性。


 しかし、日本式のエステティックを習得するには、どうしてもチームワークの大切さを知ってもらわなければなりません。まずは、「仕事上、チームワークはとても大切なもの」という説明をしていますが、それを実感してもらうためにはどうしたらいいのか。

但是,要想學習日式美容的話,必須要讓他們知道團隊合作的重要性。首先,我們先說明了“工作上團隊合作是非常重要的”,但為了能讓大家體會到這一點,要怎么做才好呢?





 日本とは、価値観や習慣が異なる中國ですが、日本式のおもてなしサービスは次第に多くの方に受け入れられつつあることは確かです。中國の風土に合った形でその真価が伝わっていくよう、私たちも日々工夫を重ねていきたいと思います。

雖然中國和日本的價值觀和習慣不同,但是日本式的招待服務確實在逐漸被大多數人接受。為了以適合中國風土的形式傳達它的真正價值,我們也想每天在這一方面上下功夫。