原創翻譯:龍騰網 //www.oewjxg.com.cn 翻譯:BErind 轉載請注明出處



13日午前10時ごろ、福島県いわき市で、臺風19號の救助活動をしていた東京消防庁のヘリコプター「はくちょう」が、孤立狀態だった77歳の女性を救助する際、隊員が女性側の救助裝置のフックをロープに付け忘れたままつり上げ、約40m落下させた。女性は病院で死亡した。

13日上午十點左右,福島縣巖木市,正在進行針對臺風19號救助活動的東京消防廳直升機“白鳥號”,在救助孤立狀態下的77歲女性時,隊員忘記將女性一側的掛鉤掛在繩子上就開始起吊,導致該女性從約40m高度落下,最終在醫院死亡。



同庁は同日、庁內で記者會見を開き、清水洋文次長が「申し訳ありませんでした?;顒又肖問豬槫蛘`った」と謝罪した。

同日,消防廳召開了記者發布會,清水洋文次長表示,“非常抱歉,弄錯了救援順序”,并進行了謝罪。

同庁によると、いずれも32歳の男性隊員2人が救助に當たっていた。當時行っていたのは「ホイスト救助」と呼ばれ、袋狀の救助裝置に女性の體を包み、隊員が抱きかかえてロープでつり上げる方式だった。

根據消防廳透露,兩名32歲的男性隊員參與了救援工作。當時進行的救助被稱為“HOIST救援”,指用袋狀裝置將女性身體包裹起來,隊員抱住并用繩索進行吊運的救援方式。